忍者ブログ
 
「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」 -狂熱のシーズン- 清義明のブログ
2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
御用牙参考図書
「狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて」
サッカーを新しい信仰として選ぶ人のために

「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」
サッカーサポーターとは何者なのか?
ゴール裏のクルヴァスッドで、アウェイの駅で、遠征のバスの中で、サッカーは歪んだ現代の宗教として輝き続けていく。その様を、まさにサポーターのど真ん中でレポートするノンフィクションであり、その神話体験を愛すべき「ブリガーデ・ジャロ・ブルー(黄青旅団)」とともにイタリア中を駆け巡るひとつの旅行記である。
サッカー「ファン」は、この本をきっと理解できないだろう。うわべに出てくるレイシズムや下卑たエピソードを、無理やりにサポーターという人種にひっかけて語るぐらいしかできやしない。だから、この本は、サッカーを単なる美学的な体験として受け取ることができないで、日本中を旅して歩く本当の「サポーター」にとって必読の一冊。
著者は、イタリア在住の「現在もっとも精力的な活動をする英国人作家」であるTim Parks。
教養にあふれた筆致とサッカーカルチャーの分析は、必ず新しいサッカー理解のパースペクティブをもたらし、あなたをアウェイの遠征に狩り出します。


「東京大学応援部物語」
「応援する」とは何なのか?

「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」 「より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえる」
応援に垣根はない。例えその対象がなんであれ、その精神的かつ行動的な営みは変わらない。 本書は、東京大学の応援部のルポタージュであり、同時に応援するというのはどんな行為なのかを、それぞれの学生達の横顔とともに語られている。 彼らの活動を知れば、いかにサッカーサポーターの精神論がまだ純化されていないかを知ることになると思う。 まだまだ俺らには雑念が多いね。 若々しい青春群像に引かれるもよし、の一冊。

最新記事
(05/24)
(05/22)
(03/25)
(01/21)
(12/21)
(12/10)
(12/07)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/03)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/02)
(11/29)
(11/29)
(10/18)
(10/18)
(10/10)
(07/25)
(06/18)
(06/13)
(06/12)
(03/29)
最新コメント
[01/21 浜一]
[01/20 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/07 けろ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
清義明 a.k.a masterlow
性別:
男性
趣味:
横浜F.マリノス
フリーエリア
NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
バーコード
カウンター
アクセス解析
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

横浜のスポーツバーSHEVA(シェバ)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日はおつかれさまでした。
そして、昨日のセレモニー後の打ち合わせ、寒い中、よびかけに賛同してくれて集まってくれた方へ大変感謝いたします。
ありがとうございました。

最後の最後にドタバタしてスミマセンでした。
みんなに冷静に紳士的に、と伝えていたのに足元の人達があんな感じになってしまって恐縮です。



ハマトラSNSでは、この昨日の「ミーティング」についての意見も頂きました。
MIYAさんの日記(ハマトラSNS)
http://hamatra.net/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=116703
※以降、リンクはハマトラSNS内が多くなりますがご勘弁ください。


それでも、カンファレンスの開催にこぎつけたところで自分としては収穫です。
また、下條さんの先週日曜日の対話といい、今回のカンファレンスの開催の取り付けといい、クラブ側の姿勢が明らかに「対話」の方にむかっているのに、自分は良い兆候を感じています。

まず間違いなく、こういうファン・サポが対話できる場所は、10年以上ぶりです。
つまり、フリューゲルスとの合併で大荒れになったときの教訓?から、オープンな直接対話のホットラインを閉ざしてしまっていたのです。

これはクラブの姿勢を評価してあげるべきところですし、ぼくらにとってもチャンスです。





◇うれさんのサポカンに対する意見(ハマトラSNS)
http://hamatra.net/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=116671&comment_count=1

・定例的に開催して欲しい。都度、目標と達成度を確認できること。
・サポもクラブ目標達成に責任を負ってもよいと思うがどうか
 (例えば 顧客ベースの拡大=>ポスター掲示新規開拓数の目標と達成度の報告、経費削減=>試合運営へのボランティア参加 など)
・吊るし上げの場ではなく、対話の場であること
・希望する人がすべて対話内容をありのままの形で知り得ること
・サポの意見をなるべく広く表明できること

この感じで進めればと思います。
本件については関係各所と今日明日中に協議を進めて、なんらかのかたちで情報をお伝えしたいと思います。




さて、そのうえで、自分の意見を表明しておきたいのですが、その前に、同意見でまとまっている内容のハマトラSNSの日記を以下にリンクしておきます。


◇仁さん
http://bjin.exblog.jp/11659274/

◇うれさん(ハマトラSNS)
http://hamatra.net/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=116668&comment_count=16


自分の意見を箇条書きにすると、以下のとおりです。

・残念な決定という皆の話と思いはわかるが、もう前進するしかない。しかもこの教訓を生かして、その失敗を土台に建設すること。

・この5年間、社長と監督のクビがころころ入れ替わり過ぎている。これで何かいいことはあったか?
 特に、社長についてはほぼ間違いなく、ファン・サポーターとマスコミがクビをとったといっても過言ではない。

・齋藤社長は俊輔の件でクラブとファンの造反に心理的なダメージを負ってしまった。もうこれ以上追い詰めるのは、サポとクラブ(というか日産)との距離を決定的につくる理由になりかねない。

・これは異論もあると思うが、現在の社長は、これまでの横浜マリノス株式会社の社長でたぶん一番仕事ができる人。あわせて、サッカーも一番知っている人。これはハマトラの今年はじめのカンファレンスに出席した人は皆知っているはず。
 ハマトラの清掃活動にもオレはやる!と志願してきたような人であって、こんなスタンスの社長をこれまでみたことがない。

・ただ、松田をリリースすることがここまでの事態に発展するとは思ってなかったフシなど、大いに反省して勉強してもらいたいところもあるのは間違いなし。

・またマリノスの社長・強化・監督他執行部が変わっても、事態がよくなるとはとても考えられない。むしろ、この反省をもとに、挽回するためにがんばってもらたい。

・もう選手は帰ってこない。それに固執して、これ以上憎悪をぶつけても、なにひとつ良いことはない。
 あげ足とりや、先を考えない更迭論などは、もうこのクラブとサポーターをより不幸にするだけ。



以上の認識は、自分が考えているヨコハマの「家族愛」の対象を、自分が次のように適用しているからだ。

クラブ・選手・ファン・サポーター、これらがすべて家族。

河合が昨日の挨拶の中で伝えていたように、クラブの掃除のおばちゃんやホペイロの人や育成の人や、そしてもちろん経営陣も株主もスポンサーも、皆、ヨコハマの家族愛のひとつに包まれているべき。
それが機能しなければ、ヨコハマに未来はない。



その考えからすれば、社長を変えろ!とやっている人や憎悪をみなぎらせすぎている人は、残念ながら自分には、選手を無責任に変えたり、放出したりしているのと同レベルな話にしかみえないのです。金井を辞めさせろと言っているような人と似た発想にみえるのです。
選手を消耗品としてとらえることと、監督・経営陣を消耗品としてとらえるのは同じですよ、残念ですが。。。

悪いところは悪い、良いところは良い。それを総合的に判断していくしかない。それは選手も監督も経営陣も同じ。


てか、社長の話がダメだという人に自分はいいたいんですけど、数万人のブーイングと面と向かって罵声を浴びせられて、それで、みなさん冷静に話せますか?
しかもそれが自分の批判なんですから。

オレは出来ない、無理。
それが企業のトップの仕事のうちといっても、そこまで図太いタマはあんまりいないと思いますよ。

ペーパー読み上げたことについても、なにをしゃべっても揚げ足とられるんだから、事前に練り込んだ文章を読み上げるのも、企業のトップとしてはありうる話です。もちろん、これはサポの感情面を理解してないという指摘はそのとおり。


オレは社長もフロントも選手もスタッフもファンもサポーターも、家族として理解しています。仲がよくても悪くても、そうせざるを得ない。その発想からすると、こんな考えになります。




本日、神奈川新聞一面。
日産は相当に、このクラブと会社はやっかいなものと考えているに違いない。これが、未来に良いことになるか、オレは極めて不安。

むしろ、雨降って地固まるにしないと、また一から始めなければならない。そこを理解するべきだと思う。

カンファレンスは、そういう方向への転換点としたいと思っています。



憎悪は何も生み出しません。

皆の思いは伝わってますし、昨日の松田の挨拶は、みんなが言っていた「この選手は特別なんだ」という話を目の前で見せつけられました。

自分は、何年にもわたって、クラブと対立してあるときは徹底的な抗戦をしていたときもありました。知っている人は知っていると思います。

その不毛さを知る人間のひとりとして、これ以上ネガティブなことやっても何も残りません。そう断言します。



さまざまなものを呑みこみ、そしてオレは未来を選択したい。

そう考えています。









-------------------------------------------------------------

ところで、報知発表2,000人の前で、セカンドラブが歌えて感無量でした。



宿敵、神奈川新聞にはちゃかすような記事よりも、あのときの山元町4丁目が中森明菜歌っていたことを、同じ社会面でとりあげてほしかったところです。

ところで、そのセカンドラブの歌詞ですが、出だしはこんな感じです。


「恋も二度目なら、少しは上手に愛のメッセージ伝えたい」

みんなで上手に愛のメッセージを伝えましょう!!!



※リアルタイムでマリサポの意見が飛び交っているのを見たいなら、ハマトラSNSへ!
 別に宣伝じゃなくて、実際そうなんだから仕方ないですYO!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.116No.115No.114No.113No.112No.110No.109No.108No.107No.106No.105