忍者ブログ
 
「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」 -狂熱のシーズン- 清義明のブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
御用牙参考図書
「狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて」
サッカーを新しい信仰として選ぶ人のために

「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」
サッカーサポーターとは何者なのか?
ゴール裏のクルヴァスッドで、アウェイの駅で、遠征のバスの中で、サッカーは歪んだ現代の宗教として輝き続けていく。その様を、まさにサポーターのど真ん中でレポートするノンフィクションであり、その神話体験を愛すべき「ブリガーデ・ジャロ・ブルー(黄青旅団)」とともにイタリア中を駆け巡るひとつの旅行記である。
サッカー「ファン」は、この本をきっと理解できないだろう。うわべに出てくるレイシズムや下卑たエピソードを、無理やりにサポーターという人種にひっかけて語るぐらいしかできやしない。だから、この本は、サッカーを単なる美学的な体験として受け取ることができないで、日本中を旅して歩く本当の「サポーター」にとって必読の一冊。
著者は、イタリア在住の「現在もっとも精力的な活動をする英国人作家」であるTim Parks。
教養にあふれた筆致とサッカーカルチャーの分析は、必ず新しいサッカー理解のパースペクティブをもたらし、あなたをアウェイの遠征に狩り出します。


「東京大学応援部物語」
「応援する」とは何なのか?

「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」 「より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえる」
応援に垣根はない。例えその対象がなんであれ、その精神的かつ行動的な営みは変わらない。 本書は、東京大学の応援部のルポタージュであり、同時に応援するというのはどんな行為なのかを、それぞれの学生達の横顔とともに語られている。 彼らの活動を知れば、いかにサッカーサポーターの精神論がまだ純化されていないかを知ることになると思う。 まだまだ俺らには雑念が多いね。 若々しい青春群像に引かれるもよし、の一冊。

最新記事
(05/24)
(05/22)
(03/25)
(01/21)
(12/21)
(12/10)
(12/07)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/03)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/02)
(11/29)
(11/29)
(10/18)
(10/18)
(10/10)
(07/25)
(06/18)
(06/13)
(06/12)
(03/29)
最新コメント
[01/21 浜一]
[01/20 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/07 けろ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
清義明 a.k.a masterlow
性別:
男性
趣味:
横浜F.マリノス
フリーエリア
NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
バーコード
カウンター
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

横浜のスポーツバーSHEVA(シェバ)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

YSC08_logo.jpg












やりますよー。


前進しつづけるハマトラ・プロジェクトが、天皇杯準決勝を前に、今年の総決算&天皇杯奪取のための決起集会としてプロデュースします!


いろいろ盛りだくさんの内容なので、詳細は告知ページ見てくださいませ。

できれば個人でがんばっている(これからがんばろうと思っている)「サポーター」に来てほしいイベントです。
実際、内容もグループ向けではないものにしていく所存であります。


これで盛り上げてから、翌日の準決勝を気合入れたいところです。



そんなわけで、みなさんご参集あれ!!!










【最近のできごと】

91fe535f.jpeg鳥栖の駅前で、ちっこい喫茶店で、家元とじゅんくんとコロプラやりながらモーニング食っていたら、突然早野宏元監督が現れました。

まさに、狭い店内がスクランブル・アタック状態!

これは天皇杯準々決勝、もらった!と確信する出来事でした。

チャンスと思ったので、昨年の8-1の御礼を述べさせてもらおうかと思ったのですが、小心者故にいまひとつ踏み切れず、とりあえず「おつかれさまです!」と、ぶちかましてきました!

早野宏のことは、95年の優勝と8-1の2つにて、その横浜に対する貢献を忘れてはならないと思いますですよ。







e977bf46.jpeg





そして、その鳥栖のスタジアム。

駅から近いとか、見やすいとかいろいろ言われているけれど、オレ的に最強だったのは、売店でフツーに焼酎の一升瓶が20本ぐらいならんでいるところだね!

立看で「魔王¥500」って、“安全で快適なスタジアム”に貢献しているのだろーか?









1050655c.jpeg





そんなわけで、明日のカンファレンス、そしてもちろん月曜日のガンバ戦が楽しみな今宵です。


















でさ、オレ、けっこうなシーズンを横浜と一緒に過ごしてきたワケなんだけど、こんなにトップモードで、天皇杯に突入しているのって始めてな経験なんだよね。

毎年疲れ果てているかケガ人いたり、調子落とした状態で天皇杯に挑んで、そして敗退。
これの繰り返しだったのが、今年は本当にまったく事情が違う。

木村浩吉からも、ニッサン時代のDNAと漢の強気を感じるし、これは本当に・・・。




そんなわけで、みんなは国立決勝のチケを心配しているみたいだけど、オレはさらに先、ACLのための遠征カネ勘定を準備しはじめたよ。

今年の年末と正月はいっさい無駄ガネ使わないほうがいいよ!

貯金、貯金!












PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初めて読ませていただきました。非常に興味深かったです。また来ます。
加藤 URL 2010/03/16(Tue)14:24:20 編集
初めまして
初めまして
これからも拝見させて頂きますね。
楽しみにしています。
mixi URL 2010/03/20(Sat)17:15:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
クリスマスも終わった。ちゃらちゃらせずに、真剣勝負。
さあ、騒がしいクリスマスも終わった。サッカー選手は、サッカーをして、何ぼのもの。明日は、底力を見せたれ。マリノスブルーの男ども。ブルーの差をガンバに見せ付けろ!
URL 2008/12/28(Sun)12:11:48
←No.90No.89No.88No.87No.86No.85No.84No.83No.82No.81No.80