忍者ブログ
 
「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」 -狂熱のシーズン- 清義明のブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
御用牙参考図書
「狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて」
サッカーを新しい信仰として選ぶ人のために

「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」
サッカーサポーターとは何者なのか?
ゴール裏のクルヴァスッドで、アウェイの駅で、遠征のバスの中で、サッカーは歪んだ現代の宗教として輝き続けていく。その様を、まさにサポーターのど真ん中でレポートするノンフィクションであり、その神話体験を愛すべき「ブリガーデ・ジャロ・ブルー(黄青旅団)」とともにイタリア中を駆け巡るひとつの旅行記である。
サッカー「ファン」は、この本をきっと理解できないだろう。うわべに出てくるレイシズムや下卑たエピソードを、無理やりにサポーターという人種にひっかけて語るぐらいしかできやしない。だから、この本は、サッカーを単なる美学的な体験として受け取ることができないで、日本中を旅して歩く本当の「サポーター」にとって必読の一冊。
著者は、イタリア在住の「現在もっとも精力的な活動をする英国人作家」であるTim Parks。
教養にあふれた筆致とサッカーカルチャーの分析は、必ず新しいサッカー理解のパースペクティブをもたらし、あなたをアウェイの遠征に狩り出します。


「東京大学応援部物語」
「応援する」とは何なのか?

「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」 「より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえる」
応援に垣根はない。例えその対象がなんであれ、その精神的かつ行動的な営みは変わらない。 本書は、東京大学の応援部のルポタージュであり、同時に応援するというのはどんな行為なのかを、それぞれの学生達の横顔とともに語られている。 彼らの活動を知れば、いかにサッカーサポーターの精神論がまだ純化されていないかを知ることになると思う。 まだまだ俺らには雑念が多いね。 若々しい青春群像に引かれるもよし、の一冊。

最新記事
(05/24)
(05/22)
(03/25)
(01/21)
(12/21)
(12/10)
(12/07)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/03)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/02)
(11/29)
(11/29)
(10/18)
(10/18)
(10/10)
(07/25)
(06/18)
(06/13)
(06/12)
(03/29)
最新コメント
[01/21 浜一]
[01/20 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/07 けろ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
清義明 a.k.a masterlow
性別:
男性
趣味:
横浜F.マリノス
フリーエリア
NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
バーコード
カウンター
アクセス解析
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

横浜のスポーツバーSHEVA(シェバ)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8.11で得た最大の成果は単にスコアだけにとどまるものではない。
得られたスコアの多寡よりも、むしろそっちのほうが重要である。
それを本当に今回は強く強く思った。

527559928_220.jpg





















五万人のヨココクに来てもらった人々には見えないところで、様々に事態が進行していき、そして8.11の形になった。
今回、そこまでの過程は結果論でいえばパーフェクトだった。

もちろん紆余曲折は多数あり、そのたび、たくさんの横浜サポが助け合い、その難関を突破してきた。


200人のサポーターが集まったコレオグラフィや、コア・一般が完全に融合したトリパラ行進→決起集会、当日までのポスター・ステッカーの配布活動やウイマリのギリギリまでの努力。


それぞれが自分の得意なジャンルで力を発揮し、さらにその何十倍・何百倍ものサポーターが地道な活動に汗をかき、横浜のために最大限のパワーを発揮した。






けれど、またこれから続いていく。




8月11日横国での大失態は。。。

ここに書いてあるわたしたちに対する指摘はすべて真実である。
そして、彼らは本当に100年かかっても追いついてこようとするだろう。


だから、オレらはもっと先に進まなければならない。


もう一度、この言葉をあげておこう。

◇勝てるチームはフロントやサポーターやボランティアなど、そこに関わる全員が全力を尽くすチームだ。  

◇サポーターはチームとともに闘うなかで感動を得る。ファンはお金を払って感動を買う。 






古人曰く、勝って兜の緒を締めよ、と。




Train Keep A Rollin'
 
明日からまたがんばりましょう











------------------------------------------------------------

『百発百中の一砲、能く百発一中の敵砲百門に対抗しうるを覚らば、我等軍人は主として武力を形而上に求めざるべからず。・・・
神明はただ平素の鍛錬に力め戦はずしてすでに勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安ずる者よりただちにこれをうばふ。

古人曰く、勝って兜の緒を締めよ



(現代語訳 8.11ver.)

『百発百中の大砲がひとつでもあれば、百発で一発しか命中しない大砲が100あっても対抗することができる。わたしたちは、サポートを単なる精神論にとどめてしまってはならない。
フットボールの神様は、ふだんの努力が勝るものに栄光を与えるとともに、一勝に満足して安心してしまったものから、この栄光をすぐさま奪い取る。

古いことわざには次のようにある。
勝って、兜の緒を締めよ、と。』


連合艦隊解散の辞


------------------------------------------------

8.11studium.jpg























































・・・といいつつ、このスコアボードのTシャツつくりますw
しばしお待ちを!

265442980_141.jpg



















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.63No.62No.61No.60No.59No.58No.57No.56No.55No.53No.52