忍者ブログ
 
「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」 -狂熱のシーズン- 清義明のブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
御用牙参考図書
「狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて」
サッカーを新しい信仰として選ぶ人のために

「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」
サッカーサポーターとは何者なのか?
ゴール裏のクルヴァスッドで、アウェイの駅で、遠征のバスの中で、サッカーは歪んだ現代の宗教として輝き続けていく。その様を、まさにサポーターのど真ん中でレポートするノンフィクションであり、その神話体験を愛すべき「ブリガーデ・ジャロ・ブルー(黄青旅団)」とともにイタリア中を駆け巡るひとつの旅行記である。
サッカー「ファン」は、この本をきっと理解できないだろう。うわべに出てくるレイシズムや下卑たエピソードを、無理やりにサポーターという人種にひっかけて語るぐらいしかできやしない。だから、この本は、サッカーを単なる美学的な体験として受け取ることができないで、日本中を旅して歩く本当の「サポーター」にとって必読の一冊。
著者は、イタリア在住の「現在もっとも精力的な活動をする英国人作家」であるTim Parks。
教養にあふれた筆致とサッカーカルチャーの分析は、必ず新しいサッカー理解のパースペクティブをもたらし、あなたをアウェイの遠征に狩り出します。


「東京大学応援部物語」
「応援する」とは何なのか?

「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」 「より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえる」
応援に垣根はない。例えその対象がなんであれ、その精神的かつ行動的な営みは変わらない。 本書は、東京大学の応援部のルポタージュであり、同時に応援するというのはどんな行為なのかを、それぞれの学生達の横顔とともに語られている。 彼らの活動を知れば、いかにサッカーサポーターの精神論がまだ純化されていないかを知ることになると思う。 まだまだ俺らには雑念が多いね。 若々しい青春群像に引かれるもよし、の一冊。

最新記事
(05/24)
(05/22)
(03/25)
(01/21)
(12/21)
(12/10)
(12/07)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/03)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/02)
(11/29)
(11/29)
(10/18)
(10/18)
(10/10)
(07/25)
(06/18)
(06/13)
(06/12)
(03/29)
最新コメント
[01/21 浜一]
[01/20 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/07 けろ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
清義明 a.k.a masterlow
性別:
男性
趣味:
横浜F.マリノス
フリーエリア
NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
バーコード
カウンター
アクセス解析
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

横浜のスポーツバーSHEVA(シェバ)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。













パフィーのコンサート(または、「横浜史上最大の送別会」)が今週末に迫ってきた。



様々な企画も大詰めを迎えている。

チケットも好調のようだ。


普段、出足が遅いヨココクのチケットの売れ行きを考えると、まだ相当数売れるのではないかと思う。



ポスターやステッカーの掲示活動、はたまたウイマリなどが行う、地域密着・絨毯爆撃活動も、この一助になっていると本当にうれしいと思う。



lentai.jpg






























試合、観客、サポート、すべてにおいて、圧倒的な差を横浜市民と日本のサッカーファン全てに見せつけるのが今回の8.11の試合のテーマである。


今回は足並みがそろっている

わずか半年前と隔世の如き思いである。


現在、横浜のゴール裏はかつてなかった程のまとまりを見せているのではないか。
これも、「全てにおいて圧倒する」というテーマに、ひとつのアクセントを与えていると思う。



しかし、ここまでの準備作業のみで満足するなかれ。


一番必要なのは、8.11の試合を前にして何ができるか。
何を伝えられるか、ということである。

当日に選手と同じく、ゴール裏・バックスタンド・二階・メインと様々な場所で戦うcompañero(同士)に最大の奮起を促したい。







連帯するサポーターは決して負けない。俺たちは必ず勝つ。
"El partidario unido, jamas sera vencido. Venceremos!"

















さて、連絡事項。


653dca95jpeg











トリパラ大行進8.11

今回もやる方向で!

つか、すでに恒例の企画です。
シンヨコの街はトリコロールがよく似合う、ということを証明してあげましょう!













そんなわけで臨戦態勢にて、このまま8.11迎えます。




























200707290147000.jpg




以前として禁酒中。


※ビール等の醸造酒などは、禁酒の対象に入っていません。ハードリカーのみを、自分は「酒」と呼んでいます。




つか、今日バルサ戦だったノカー。
すみません、いい思い出ないので見てませんwwww















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
横浜ダービーは今週末。最期のダービー迫る。トリコポイントから聖地日スタへ。
午後7時キックオフに先立ち午後2時から第3回のトリパラ行進がスタートします。日産スタジアムに合流し総決起集会から闘いましょう。出来る方は午前10時からのボランティアにも参加して最期の横浜ダービーを思い出に残る素晴らしいものにしましょう。
URL 2007/08/08(Wed)08:02:02
←No.61No.60No.59No.58No.57No.56No.55No.53No.52No.51No.50