忍者ブログ
 
「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」 -狂熱のシーズン- 清義明のブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
御用牙参考図書
「狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて」
サッカーを新しい信仰として選ぶ人のために

「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」
サッカーサポーターとは何者なのか?
ゴール裏のクルヴァスッドで、アウェイの駅で、遠征のバスの中で、サッカーは歪んだ現代の宗教として輝き続けていく。その様を、まさにサポーターのど真ん中でレポートするノンフィクションであり、その神話体験を愛すべき「ブリガーデ・ジャロ・ブルー(黄青旅団)」とともにイタリア中を駆け巡るひとつの旅行記である。
サッカー「ファン」は、この本をきっと理解できないだろう。うわべに出てくるレイシズムや下卑たエピソードを、無理やりにサポーターという人種にひっかけて語るぐらいしかできやしない。だから、この本は、サッカーを単なる美学的な体験として受け取ることができないで、日本中を旅して歩く本当の「サポーター」にとって必読の一冊。
著者は、イタリア在住の「現在もっとも精力的な活動をする英国人作家」であるTim Parks。
教養にあふれた筆致とサッカーカルチャーの分析は、必ず新しいサッカー理解のパースペクティブをもたらし、あなたをアウェイの遠征に狩り出します。


「東京大学応援部物語」
「応援する」とは何なのか?

「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」 「より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえる」
応援に垣根はない。例えその対象がなんであれ、その精神的かつ行動的な営みは変わらない。 本書は、東京大学の応援部のルポタージュであり、同時に応援するというのはどんな行為なのかを、それぞれの学生達の横顔とともに語られている。 彼らの活動を知れば、いかにサッカーサポーターの精神論がまだ純化されていないかを知ることになると思う。 まだまだ俺らには雑念が多いね。 若々しい青春群像に引かれるもよし、の一冊。

最新記事
(05/24)
(05/22)
(03/25)
(01/21)
(12/21)
(12/10)
(12/07)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/03)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/02)
(11/29)
(11/29)
(10/18)
(10/18)
(10/10)
(07/25)
(06/18)
(06/13)
(06/12)
(03/29)
最新コメント
[01/21 浜一]
[01/20 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/07 けろ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
清義明 a.k.a masterlow
性別:
男性
趣味:
横浜F.マリノス
フリーエリア
NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
バーコード
カウンター
アクセス解析
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

横浜のスポーツバーSHEVA(シェバ)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外道の5年間





  移転完了。














横浜御用牙は確か5年前に始めた。
当時はゴール裏の話とか応援の話とか、どこのHPにもなくて、当時のウルトラの奥山さんのところしかなかった頃に、地道にいろいろ書いてきて、良いのも悪いのもひっくるめながら、いろいろ歴史をつくってきたもんだよ。
つか、最近のヤツはわからんだろうなあ~、ピコーとかならわかるかw

それから、webの世界はあっというまに進歩しまくり、blogが出来て、SNSが出来て、タグ打ちしているサイトなんか、本当にみんな見なくなりつつあるご時世になってきましたYO!


そんなわけで、La Guaridaトリコヴィータよ、サヨウナラ!
横浜御用牙は、ついにブログ化のために移転することになりました。







ああ、楽しかった横浜御用牙(旧)の思い出

そして、去来する数々の名場面が走馬灯のように駆け巡る。。。。



そこで、突然ですが、横浜御用牙5年の歴史を振り返るために、掘り出し画像の晒し企画を思いつきで特集してみるテスト!!



mrpitch3.jpg





   まずはミスターピッチくん。
   
   たぶん2002年の工作員さん(当時)の作品。






















collection01.JPG



















当時のゲーフラ作品。

つーか、最近はネタ系のゲーフラなくなったよな。

まあ、あの頃はあの頃で、たくさんの意味不明のゲーフラが多数ゴール裏には掲げられていたというのもあったけど。
「鉄」とか「斬鉄剣」とか。意味わかんねーYO!








gumma.JPG



 金管楽器隊も今では大勢力になりましたが、一番最初にまともに吹きだしたのは、自分のトランペット奪ったこの人なのは、まさに歴史の暗部ではなかろうか・・・・。








collection05.JPG


なんか2002年とか03年とかは、毎試合こんなネタダンマク作っていたような気がするYO!

まさにお里が知れる一枚である。

自分としては、シミスポに没収された最初の歴史的なダンマクの写真でもある。








collection02.JPG
そして、当時のもっともタチの悪いサポーターとして有名なのが、このオリジナル三上ユニを身に纏ったなすらーさん(仮名)。


ちなみに、あのガッタス戦のコールとチャントのほとんどは、こいつが出したものだ。
ある意味、ガッタス戦事件の首謀者ともいえるこの女だが、現在は、時々ヨココクなどに現れるようだが、むしろvipperとして2ちゃんでの活躍が目立つようになってしまっている。

おい!なすらー、見てたら放浪カモメ更新しろ!!!









deathpictures.jpg











見るやつはわかる、貴重な画像。

自爆の可能性もありうる画像なため、軽くスルーで次の画像へ。






shinari04.JPG

すでに、音沙汰も聞かなくなった、しなり王子としなり旗の画像。


いろんな意味で強力なインパクトを残したまま消えてしまったしなり王子・・・今は何処へ。








morimoto.JPG


UGのトップのローテーションバナーに入っている一枚は、当時の本当の童貞だったショウくん(だっけ?)が掲げている。

中央大学に入学して以後消息不明。

ウルトラス中央大学結成を託したのだが、ダメだったか。。。










・・・・なんてことをやっていてはキリがないので、そろそろやめとくか!



そういうわけで、今後はコチラで、横浜情報をバリバリに垂れ流していくのでよろしく哀愁!

madoakere.JPG























 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
テスト
テスト
masterlow 2007/04/18(Wed)15:32:46 編集
無題
ブログ化おめでとうございます!!!!

ユキヒコ遺影写真を4年ぶりに見ましたwwwwwww
ちゃだ 2007/04/19(Thu)00:06:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
新・横浜御用牙
【横浜の代表的なサイト】 だいたい何がおこっているのか把握するには、以下の4サイト。 ・掟破りの逆サソリ ・サカバカ ・La Guarida ・tricovita これに加えて、満を持してブログ化。 新・横浜御用牙 以降、横浜関連のネタはコチラで。 ※パフィ浜はアクセス禁止になっておりますので、正常にサイトが閲覧できないことがあります。
URL 2007/05/08(Tue)01:41:28
←No.8No.7No.6No.5No.3No.2→