忍者ブログ
 
「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」 -狂熱のシーズン- 清義明のブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
御用牙参考図書
「狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて」
サッカーを新しい信仰として選ぶ人のために

「サッカースタジアムは、巨大な建造物の中で裏表が逆になっている数少ない建物のひとつである。楕円形の競技場は世界を排除し、その神秘を秘伝を授けられた者たちにしか明かさない。テレビでさえ、それを犯すことはできない。とらえ始めることさえできない」
サッカーサポーターとは何者なのか?
ゴール裏のクルヴァスッドで、アウェイの駅で、遠征のバスの中で、サッカーは歪んだ現代の宗教として輝き続けていく。その様を、まさにサポーターのど真ん中でレポートするノンフィクションであり、その神話体験を愛すべき「ブリガーデ・ジャロ・ブルー(黄青旅団)」とともにイタリア中を駆け巡るひとつの旅行記である。
サッカー「ファン」は、この本をきっと理解できないだろう。うわべに出てくるレイシズムや下卑たエピソードを、無理やりにサポーターという人種にひっかけて語るぐらいしかできやしない。だから、この本は、サッカーを単なる美学的な体験として受け取ることができないで、日本中を旅して歩く本当の「サポーター」にとって必読の一冊。
著者は、イタリア在住の「現在もっとも精力的な活動をする英国人作家」であるTim Parks。
教養にあふれた筆致とサッカーカルチャーの分析は、必ず新しいサッカー理解のパースペクティブをもたらし、あなたをアウェイの遠征に狩り出します。


「東京大学応援部物語」
「応援する」とは何なのか?

「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」 「より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえる」
応援に垣根はない。例えその対象がなんであれ、その精神的かつ行動的な営みは変わらない。 本書は、東京大学の応援部のルポタージュであり、同時に応援するというのはどんな行為なのかを、それぞれの学生達の横顔とともに語られている。 彼らの活動を知れば、いかにサッカーサポーターの精神論がまだ純化されていないかを知ることになると思う。 まだまだ俺らには雑念が多いね。 若々しい青春群像に引かれるもよし、の一冊。

最新記事
(05/24)
(05/22)
(03/25)
(01/21)
(12/21)
(12/10)
(12/07)
(12/07)
(12/06)
(12/05)
(12/03)
(12/03)
(12/02)
(12/02)
(12/02)
(11/29)
(11/29)
(10/18)
(10/18)
(10/10)
(07/25)
(06/18)
(06/13)
(06/12)
(03/29)
最新コメント
[01/21 浜一]
[01/20 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/10 通りすがりのにわかサポ]
[12/07 けろ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
清義明 a.k.a masterlow
性別:
男性
趣味:
横浜F.マリノス
フリーエリア
NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
バーコード
カウンター
アクセス解析
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

横浜のスポーツバーSHEVA(シェバ)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

housetostadium.jpg









マリサポは、もっともっと横浜市民やまわりの人たちに対して、「オレたちはこのチームが大好きなんだ!」ということをアピールしたほうがいい・・・といつも思う。


例えば、試合の日に、ユニやらタオマフやらをスタで取り出して身に着け始めるのも、自分的にはもったいないなあ~と思うこと。

せっかくの試合の日ぐらいは、街中や電車の中でも、もっともっとマリサポ丸出しでいていいんじゃないか、と。

それが自然と横浜の風景になれば、いつの日かF.マリノスは横浜に欠かせないものとなるはずなんだよね。







・・・というわけで、JUST GEDOとその仲間達が、横浜にはF.マリノスとマリサポがいる!ということをアピールするマリサポ丸出し活動の一環として、横浜開港祭のイベントのひとつである、このレースに参加することになりました!!





p070528l05.jpg















横浜ドラゴンボートレース サンデーチャレンジ香港カップ


 ドラゴンボートとは、龍の頭と尾を持った紀元前の中国から伝わる伝統的な手こぎボートです。
 艇は世界大会仕様艇(長さ11.86m 幅1.06m 深さ48.18cm)
 競技定員:1チーム20名編成 (こぎ手18名・太鼓1名・舵1名 最低15名)
 コースは山下公園前海上260M直進(大さん橋側から氷川丸へ)


 ・大会映像 
 ・こんなレースらしい 1 2 3 

 ・日時:6/3(日) 11時30分と13時50分出艇




優勝チームは、香港での世界大会の出場権を得られるとのこと。
なので、当然F.マリノスの名前を出すからには、アジアを狙います





JUST GEDO&フレンズは、「横浜F.マリノス・サポーターズ」として、次のようなスケジュールで出場します。


□ サンデーチャレンジ二部 香港カップ □■
  (開11:30  開13:50) 

  C051:チーム ぼくんち  
  C031:横浜Fマリノスサポーターズ
  C001:アメンボウ予備軍
 



当日は、「横浜F.マリノス・サポーターズ」のサポーターも集結させる予定。
当然、出場者とサポも全員ユニ着用にて、マリサポ丸出しの所存。


もちろんこの大会に出たことがある人間はdaleもいないのはお約束。レースを見たことあるヤツもほとんどいないという準備万端な状態!!
初心者のための事前講習会も、浦和戦とバッティングしたため全員バックレ


もし、レースで相手にならないとわかった場合は、ダチョウ倶楽部なみのボケも辞さない考えで、この大会に臨む覚悟。






そんなわけで、地道なマリサポアピール活動・・・・というか、単に遊びたいだけちゃうの?というイベントが今週末にありますよ、奥さん!という話でした。


もしかしたらマリサポいろんな人いるから、過去このレースに出た人とかいるかも知れないですが、そんな人はハマトラのこのコミュに来てくださいませ、よろしくお願いします。。。。




















200705271727000.jpg
◇日本平行き お笑いウルトラクイズバス(6/16)参加者募集中!
 【行程】
 往路 09:30 横浜駅西口出発
     12:30 日本平スタジアム到着
     15:00 キックオフ
 復路 18:00 日本平スタジアム出発
     20:30 桜木町駅着解散
【募集人員】
  オレ含め28名
【価格】 3,200円

↑こちらもよろしくアモール!














PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.34No.32No.31No.30No.29No.27No.28No.26No.25No.24No.23